馬プラセンタの効果

今注目の馬プラセンタ

グリシンと言う成分があります。

プラセンタサプリメントでは、グリシンやデキストリンなどプラセンタを希釈する成分として嫌われている気があります。ではグリシンとは何でしょうか?

グリシン

グリシンは体内で作れるアミノ酸なので注目されなかった成分です。タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形を持ち、糖原性を持つアミノ酢酸のことです。抗菌、酸化防止、緩衝作用などがあるため、食品添加物や化粧品に用いられています。

なので、ただの希釈剤的な意味を持たれています。希釈剤と言えども、デキストリンとは違いカプセル内を満たすための調整剤的な位置付けで入っている場合があります。(デキストリンは本文下で説明)

その一方でグリシンは、メラトニンを生成する上で必要なアミノ酸の一つなのです。

メラトニンは何をするのかと言うと、睡眠ホルモンとも呼ばれ自然な眠りを促す成分です。通常の睡眠サイクルを助ける成分なのです。

美容には睡眠も非常に重要です。

インターネットで、検索すればわかりますがグリシン単体のサプリメントが販売されているほどです。

デキストリンについて

プラセンタの本当の希釈成分はデキストリンのほうで、これはプラセンタを抽出する方法の一つにデキストリンに吹きつけ抽出する方法があります。この場合プラセンタの含有量にそのまま含まれる場合があります。

ページ上部に