馬プラセンタの効果

今注目の馬プラセンタ

沢山のプラセンタサプリメントが存在します。

それぞれの商品 プラセンタxxxmg配合!など量をアピールしますが実際どのぐらい必要なのでしょうか?

ただプラセンタ含有量にも、いろいろ付加して考えなくてはいけない要素も沢山あります。
例えば濃度・有効成分・抽出方法などなど・・・

次回以降でそのお話はするとして、今回は純粋に”1日必要な含有量”について”のみ説明します。

日本薬学会で発表された研究成果のなかには、”1日300~500mg“の摂取で肌質の改善が可能”との見解があります。

ただし、これは先に書きましたさまざまな要素でも変わるようです。

さらに、飲用すると言う観点で基本サプリメントは経口摂取となるわけですが、その場合20%程度しか吸収されないと言われています。

あれ?

1日 300~500mgって思うでしょうが。
プラセンタサプリメントは大半がエキス末として濃縮された含有量で表記しています。実際には抽出方法などで同じ100mgだとしても、商品Aでは9000mgのエキスをエキス末化や、2000mgを濃縮して100mgと様々です。

プラセンタの抽出工程はこんな感じです。
プラセンタ

1日500mgを摂取しようとすると、経口摂取の場合20%しか有効にならないと考えると。プラセンタエキス2500mg摂取する必要があります。

エキス末状態では100mgあたりが最低ラインとなるでしょうか。この辺りはほぼどのサプリメントも問題ない値ですね。(やはりここでキーになるのは濃度・抽出方法です)

じゃ多ければ良いのか?

その他の成分同様に不要分は対外に排出されると思われたが、 1000mg摂取した人にはさらなる改善が見られたとの報告もあるようです。

また、年齢や体格、体重の軽い方は少量で効果実感があるようです。逆に体の大きい方は摂取量を増やすと効果的との情報もあります。

ページ上部に