馬プラセンタの効果

今注目の馬プラセンタ

優位性

馬プラセンタの優位性

アミノ酸

 馬プラセンタは、豚プラセンタよりも、アミノ酸含有量が約300倍もります。サプリメントなど大半が豚プラセンタを使用しています。

 馬プラセンタには、豚プラセンタには含まれていないヒスチジン、フェニルアラニンなどの体内で生成することのできない必須アミノ酸が含まれています。

 また、馬のプラセンタを利用することは、安全性の面でも大きなメリットがあります。

馬プラセンタの安全性

 馬の体温は、通常38℃~40℃あり、豚や牛に比べ寄生虫がすみつく心配がありません。食用でも馬刺しなどが問題なく食べられるのはこれらの理由によるところもあります。また、狂牛病についても牛、羊等のひづめが割れている偶蹄類に発生しますが馬は奇蹄類のため、それらの病気にはかかりません。

 先ほど説明したように、馬刺しとしても食されているので抗原度も非常に低く、アレルゲンにはなりません。牛の様に反芻しない馬の内臓はきれいですし、デリケートな為、抗生物質やホルモン剤等も受け付けません。

豚由来のプラセンタは?

 豚由来のほうが人間との相性が良く、それは人間の遺伝子にサイズが近いと言う話もあります。火傷などで皮膚移植する場合、皮膚がたりないとき豚の皮膚を移植するといいますが、これは豚の細胞が比較的人間と近いからだそうです。

 決して豚由来は悪い訳ではありません、馬プラセンタはアミノ酸量が多く優位性がありますが、その分コスト的な部分は豚由来のプラセンタの方がやや優れているのも事実です。継続性が重視されるプラセンタではこのコストは非常に重要なファクターにもなります。

ページ上部に