トップページ > 安全性について

安全性についてAbout safety

プラセンタの安全性について

安全性

 プラセンタの安全性について

 現在流通しているプラセンタは、厳しい体制の元、徹底した品質管理で作られています。トレーサビリティについても、どの国の成分でも国基準で品質を保証しようとしているので、ほぼ100%に近い安全性を維持していると言えるでしょう。

 プラセンタは、その効果が注目されていますが、反面生物性の胎盤と言うこともありその、副作用や、リスクについても危惧されいました。

 皆さんご存知のように動物にはたくさんのウイルス性の病気があります。BSEや鶏インフルエンザなど聞いたことがあると思います。さらには未知の病原体が含まれる可能性がゼロであるとは言えないことです。現在日本では、まず牛の胎盤由来のプラセンタは全く利用されていませんし、医薬品にいたっては、すべて人由来のものを使用しています。

 現在のプラセンタ・サプリや化粧品で主に使われる豚・馬由来のプラセンタは種の壁 があるため、未知の病原体が存在していたとしても人間に伝播する確率は低いと考えられております。更に、加工される段階で行われる殺菌処理で未知の病原体が不活化される可能性が高いのです。

 ただ一部の製品では生プラセンタとして、非加熱抽出したサプリメントも存在します。製造側は特殊抽出方法のフィルター処理で完全にウイルスは除去できているそうです。当然ながら成長因子などの成分量は加熱性と比較して圧倒的に多いです。

 しかしながら、やはり動物性は不安と言う方のために、プラセンタ様成分である植物性プラセンタやマリンプラセンタが登場しました。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2011 PLACENTA-Piazza All Rights Reserved.