トップページ > プラセンタが解る

プラセンタが解る

プラセンタの抽出方法

プラセンタエキス

 プラセンタ製品にはよく”30,000mg”や”200mg”配合とか書かれていますが、この数字だけで本当にプラセンタの含有量のすべてか?言われれば間違いです。

 プラセンタは、その抽出方法により取りだされるプラセンタの純度や代謝活性化率(代謝活性率とは、胎盤の持つ活性エネルギーの高さを示す値) が変わってきます。抽出方法はメーカーにより異なり、それはそのまま製品の価格にダイレクトに反映されます。

 一般的に市販されている製品により表現方法はさまざまで、大半のメーカーは”独自の手法”や”酵素を利用して”や記載の無い製品が多いです。

 ここでは、プラセンタの抽出方法による簡単な違いについて説明します。

 すでにご存じのとおり、プラセンタは胎盤よりプラセンタ成分の抽出を行います。その際さまざまな抽出方法があります。抽出方法はそのままコストに直結するため用途や予算にあった抽出方法により抽出されたプラセンタを各製品メーカーは使用しています。
それでは代表的な抽出方法について簡単に説明します。

●培養細胞法 現在この方式が最高峰と言われている特許を取得ている方式です。
プラセンタ細胞をより生きた状態で抽出するため不純物が少なく、作用が安定し、代謝活性率が高くなります。 代謝活性率を保ったまま抽出する技術の保有国はスイス・ドイツのみ
●凍結乾燥法(フリーズドライ)
フリーズドライなのかと言うと品質に殆ど変化がなく、99.99%以上ピュアなプラセンタエキスが、「細胞成長因子」を壊すことなくしっかり摂取できるからです。よく医薬品などにも使われている製法です。
●スプレードライ法
こちらは低コストですが、デキストリン(でんぷん)等の希釈剤が必要になるので、純度が保てません。熱変性を起こしやすく品質に変化が出てしまいます。
●酵素分解法
低温処理した胎盤を酵素によって分解させ、エキスを抽出します。
●凍結酵素抽出法
凍結酵素抽出法は、有効成分の抽出率が低いという問題を、酵素の力でカバーした方法です。多くのプラセンタ商品は、凍結酵素抽出法で抽出されています。ただ、抽出するのにコストがかかります。 (凍結融解法:瞬間的に凍結し解凍させることで胎盤の細胞膜を破壊する。有効成分が失活しやすい)


それぞれの方式でもメーカーにより独自の方式や手法があるようです。

次回:プラセンタの種類と特徴
 豚・馬・羊についてまた、その産地などによる製品の特徴について
ページトップへ戻る
Copyright(C) 2011 PLACENTA-Piazza All Rights Reserved.