トップページ > プラセンタサプリメントの構成成分ついて

プラセンタサプリメントの構成成分ついて

成分

●構成成分

 プラセンタサプリメントはさまざまなタイプの成分構成の商品があります。成分構成は大きく4つのパターンに分けることができます。

  • 成分がプラセンタのみ
  • プラセンタ+美容成分
  • プラセンタ+健康成分
  • オールインワンタイプ

 30歳を過ぎるとヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの真皮を形成する主要成分が枯渇するのが現実です。プラセンタは成長因子ですので基本となる美容成分がなければ美肌・アンチエイジングの効果が薄れます。

年齢とともに減少する美容成分

 30歳まではプラセンタ成分が中心で、30歳を過ぎアラフォーあたりでは美容成分配合サプリメントがおすすめです。

 美容成分配合とは言え、やはりその他の成分の含有量は少な目です。特にコラーゲンは1日に推奨する摂取量が多くカプセルや錠剤ではやや不足気味になります。

 各美容成分などが不足になるとは言え、普段の食事からもそれなりに摂取可能なので食事とサプリメントのバランスを考えましょう。

 さらに効果を求める場合は、その他の美容成分サプリメントと同時服用と言う考えもありますがお高くなるのが現状です。

 例えば、コラーゲンは1日3000mg必要と言われています。大半のプラセンタサプリメントはここまでの含有量を含みません。ドリンクタイプは1000〜3000mgのコラーゲンを含有してる商品もありますが、ドリンクタイプは1日単価がやや高くなります。

 タブレット・カプセルは1日単価が安いですがその分美容成分の含有量が少ない傾向にあります。ただ1日単価が安いので、他の成分例えばコラーゲンサプリメントなどを同時に服用してもコラーゲンサプリメントは安いのでドリンクタイプより割安になる場合もあります。

構成成分から選ぶ観点

 コラーゲンサプリメントはこちらから

Copyright(C) 2011 PLACENTA-Piazza All Rights Reserved.